2020.02.26 Wednesday

収納扉の理想形/Ideal storage door

0

    9E6A42A1-A7DC-47CD-ACB0-5C2466EB5C64_1_105_c.jpg

    ある日の一コマ、暮らすだけの身の回りはこれで全部、って少ないんだけどこれで数ヶ月は快適に過ごせてる、過ごせちゃう。
    着るもの少ないし、いつも同じだからかな、、、。
    綺麗にはしてるつもり。

    何もないから、散らからないし、身軽で動きやすい。
    思い立ったらすぐ!っがかなりできる。
    移動中の一コマですが、自分はこれで良いし、これを元に暮らしをデザインしていきたい。
    十分を十分と思えるデザインと暮らし。
    これって結構できないもの、なんだかんだ足しちゃうでしょ。
    見た目だけじゃない、生き方も考えるデザイン。
    真剣に取り組んでます。
    素晴らしい機能があって、飽きがこない、コスパ良し。
    物ってそれがベストでしょ。
    このルーバー扉って、まさにそういうものだと思う。
    ちなみにこの収納かなり古いはず、若い頃からあるホテルなんで。
    ここはね、年中暑いし、蒸してるし、海から30Mぐらいだから、潮がすごい。
    潮って言ってもわかんないかもしれないけど、潮風ね。風とともに湿気と塩分も入ってきて壁とかについてベタベタするんですよね。
    塩ってしっけるでしょ、あれと一緒。
    そんでもって、湿気ちゃってから、扉を開けて換気して、なんてするんだけど、扉開いちゃってるから、部屋の見た目悪いし、2枚扉の収納なんて、開けても半分は塞がるわけなんです、一枚板の扉だと、、、。
    そこでルーバー扉。
    常時換気、開けても換気可能、見た目も良い。
    一枚戸より高いのはしょうがないけど。
    中のものがカビたりしなければ、全然コスパ良し。
    こういうものが集まって、美しく収まっている生活って良いと思いませんか?
    良いものは良いんだなーとつくづく。
    海横のワンルーム、最高!
    贅沢はこういうところから。

     

    It's one frame of one day, I don't have much personal life just to live in it, but I can spend comfortably for a few months with this, I can spend it.
    I don't have much to wear and it's always the same...
    I'm trying to keep it clean.

    There is nothing, so it doesn't get cluttered, and it is light and easy to move.
    As soon as you think of it! I can do a lot.
    It's one frame on the move, but this is good for me, and I want to design a lifestyle based on this.
    Design and life that make you think that enough is enough.
    This is something I can't quite do, and I'll add somehow.
    Design that not only looks, but also thinks about how to live.
    I am seriously working.
    It has a great function, and you will never get tired of it.
    Things are the best.
    I think this louver door is exactly like that.
    By the way, this storage should be quite old, because it is a hotel that has been around since I was young.
    It's hot here all year round, it's steaming, and it's about 30M from the sea, so the tide is amazing.
    You may not understand it when you say tide, but it's a sea breeze. Moisture and salt also come in with the wind, and it sticks to the walls.
    It's salty, right?
    Then, after it gets damp, I open the door and ventilate, but because the door has opened, the room looks bad, and storing two doors closes half even if opened. If it's a one-plate door...
    Then the louver door.
    Ventilation at all times, ventilation is possible even when opened, and it looks good.
    Although it is inevitable that it is higher than a single door.
    If the contents aren't moldy, the cospa is good.
    Wouldn't it be nice to have a beautiful life with all these things together?
    Good things are good.
    One room by the sea, the best!
    This is where luxury comes from.

    2020.01.23 Thursday

    直すのが楽な様に作る家 建物 /House building that makes it easy to fix

    0

      IMG_0295.jpg

      メンテナンスを考えて作る、作っておく、直しておく。

       

      このデッキ、面倒み始めてから、何かあったら、柱から下は下で直せる様に。

      上がダメになったら、上は上でなどなど、先々考えてやってきました。

      中も、シンプルに作ってます。

      使い方はオーナーさんの自由に。

       

      何かあったらを考えるって書けば簡単に聞こえるけど、使う人、住む人も納得してやらないと上手くいかない。

      設計士も意外と、この手の事、考えられないのが多い。

      なぜかと言えば、実際に作ったり、直したりしないから。

      建てた後、メンテがしづらいとか、出来ないとか。

      費用が異常にかかってしまうとか、よく聞く話です。

      公共でも、そうだし、建てておけば良いんだ的な、安易な考えと、そこまで深く考える必要性もないからだと思う。

      個人的には、極小、最低限の設備が充実してあって、その代わり、コスト負担が少なくて、自由度が高く、メンテが楽で、少ない家。

      ミニマリスト的だったり、綺麗好きさんだったり、趣味人、在宅ワーク、遊び好き用の家づくり、場所作りが得意だし、好きなんだけど。

       

      一般的に、お金としてだけ考えれば、足し算だったり、オーバースペック推しでいくんだろうと思うし、設計目線なら、設計士らしさ、個性的にやりたいってなるんだろうけど。

       

      誰の個性が大事?

      誰が使うの?

      ってことがわかっていて、尚且つそれを形にするのが仕事じゃないかな。

      プロじゃないかな。

      そうありたい。

       

      今のオリンピック向けの建物系は、あまり好まない。

      オリンピック用だもんね、他で何に使う?

       

      ずっとみていて飽きないかなデザイン?

      メンテ出来んの?

      お金あるの?

       

      みんなわかっていることだよね。

       

      わかってる、いけてる人は、一緒にやりましょう、考えましょう!

      暮らし方が急激に進化する今、これから使う街、年寄りが考えたものに良しと、無理して合わせなくて良いし、良いものは良いと、感じられる気持ちでいきましょう。

       

      とにかくシンプルであればあるほど、難しいが、良い物が多いことに気づいて欲しい。

      シンプルであることに、知恵は使うべきだと思っています。

       

      ドラエモンの道具はシンプルですごいでしょ!

       

      Make, make, fix after maintenance.

      If you have something to do with this deck since you started to trouble it, you can fix it from the pillar down.
      When the top is not good, I thought about the top and so on.
      The inside is also made simple.
      How to use is up to the owner.

      It sounds easy to write if you think about something, but it will not work unless the people who use it and the people who live in it agree.
      Unexpectedly, designers often cannot think of this kind of thing.
      The reason is that I don't actually make or fix it.
      After building, it is difficult to maintain, or it can not be done.
      I often hear that it costs extraordinarily.
      I think that even in the public, that's right, and because it's good to build it, there is no need to think deeply and to think that much.
      Personally, the house is very small and equipped with minimum facilities. Instead, the cost is low, the degree of freedom is high, the maintenance is easy, and the house is small.
      I like minimalist and beautiful people, I am good at hobbyists, working at home, making a house for playful people, making places, but I like it.

      Generally, if you think only as money, I think that it will be addition or overspec, and from a design perspective, I would like to do something like a architect and individuality.

      Who's personality is important?
      Who uses it?
      I know that, and I think it is my job to shape it.
      I'm not a professional.
      I want to be so.

      I don't really like building systems for the current Olympics.
      It's for the Olympics, what else do you use it for?

      Isn't it a design that you will never get tired of looking at?
      Can't you maintain it?
      Do you have money

      Everyone knows that.

      If you know, you know, let's work together, think!
      Now that the way of life is evolving rapidly, let's feel that the towns that we will use from now on are good for what the elderly think, and that good things are good.

      Anyway, the simpler it is, the more difficult it is, but be aware that there are many good things.
      I think wisdom should be used to be simple.

      Doraemon's tools are simple and amazing!

      2020.01.07 Tuesday

      DNAは知っている、端っこは綺麗だ/DNA knows, the edges are beautiful.

      0

        2020は端っこからスタート、遊びもあるが、ほぼお仕事であることが幸せ。

        また来れるってことだ。

        端っこで見る景色は、人、動物に戻った感覚というか、なんというか、DNAが喜んでいるのがわかる。

        世の中の景色は、100年前で随分違う。

        景色を遮る物がなかったのは当たり前だ。

        自然に立ち向かうことができなかったのもあるし、逆らうことが良いとも思っていなかったんだと思う。

        だから、石造りの宮殿も、日本のお屋敷も自然を取り入れた庭をつくることで、違和感をなくそうとしていたんだと思う。

        知恵と工夫ですね。

        賢い人間は、知恵と工夫で自然であるかのような、街、建物を作り出して、衣食住の進化が一気に進み、自然がそのスピードについていけない状況が生まれた。

        それはそれで、地球規模では歓迎的なことなのかは置いておいて。

         

        これからは地球単位で、人類の知恵と工夫をもって、全ての意味で共存のバランスをとっていく時代だろうと思う。

         

        幸せは、心で感じる事だから、DNAに響くような幸せを作りだす、テクノロジーが必要だと思う。

         

        Although 2020 starts from the edge and there is play, I am happy that it is almost a job.
        I can come again.
        You can see that the scenery seen at the edge is the sensation of returning to a person or animal, or something that DNA is pleased with.
        The scenery of the world is quite different 100 years ago.
        It is natural that there was nothing to block the scenery.
        I couldn't confront nature, and I didn't think it was good to oppose it.
        Therefore, I think that the stone palace and the Japanese mansion were trying to eliminate the discomfort by creating a garden that incorporates nature.
        Wisdom and ingenuity.
        Clever humans created the towns and buildings as if they were natural with wisdom and ingenuity, and the evolution of clothing, food, and shelter proceeded at once, creating a situation where nature could not keep up with the speed.
        That's why it's welcome on a global scale.

        From now on, I think it will be an era in which we will balance coexistence in all senses with the wisdom and ingenuity of humanity on a global scale.

        Since happiness is felt in the heart, I think that technology is needed to create happiness that resonates with DNA.

         

         

         

        2019.12.23 Monday

        贅沢と節約

        0

          鷲のタイル!
          一点ものだね、いい感じ
          贅沢だなーと思って。

          暮らしって、贅沢と節約のバランスかなーと思ってしまった。
          ここは贅沢に、ここはこれでいいかな、なんて、よく聞く話じゃないですか。
          暮らしづくりって、予算があって、ここは新しく、ここは維持、ここは廃棄みたいな、バランスがあると思うんだけど、何が正解で、何が必要で、何がいらないのか見えていないから、バランス悪いんだね。

          例えば、、、
          道、歩道も、規格があって決まったもので作る。
          公共建物も、規格を決めて、規模の調整だけ。
          などなど、自然を相手にするシチュエーションあるが、規格が統一されることで、積算が楽、維持管理のノウハウがたまる、無駄がない、余ったものが使えるとか、メリットがあると思うんだけどなー。
          浮いた予算で、教育だったり、サービスなどに使う。

          これからの世代の若者たちは、個性的な街の外観には、興味がないと思うんだよね。
          それより、便利さだったり、不安がない運営環境だったり、教育などのゆとりを求めていると思います。

          街とか、家とか、暮らし方って、これからのニーズに合っていなければ意味がないんじゃない?

          家も、今の家族構成、状況で作るとなんとも言えない感じになりがち、、、。
          よく考えたら、飾らない、シンプルな家が使い勝手がいいんだよね。

          贅沢と節約のバランス
          気持ちと予算のね

          2019.12.07 Saturday

          台風被害と保険の話

          0

            今年の色々な問題の中でも、台風が1番の問題にだった。

            被害については、言葉も無い状態。

            建物の被害については、直せない物はほぼないんだけど、予算だったり、その最初の処置のことだったり。

            すぐに着手できなくて、15号、19号と重なってしまったのが、結構あった。

            手続きだったり、対応の仕方だったり。

            見えなかった問題が、いろいろ見えた年だったと思う。

             

            なんだかんだ役に立てたのは、どうしても知っている顔、知っているお客さんに対してが多かった。

            どうしても、そうなってしまうのかもしれないけど、保険の事、修理の手続きの事、家族で話し合って、何か会ったら相談できる顔を知っておいてもらいたい、出来れば。

            ことが起きてから探すと、みんなてんてこまいなんで、答えたくても答えられないんです、、、。

            対応も、難しく、、、。

            ごめんなさい。

            保険屋さんも一緒です。

             

            保険の内容は見直すことをお勧めです。

            来年もあるものとして、考えた方がいい。

             

            今の家を見直すなら、下記は結構大事です、チェックしてみてください。

             

            1、家の周りに、色々おいてませんか?  きれいにしておく。

            2、家に触るような、木がないですか?  切っておく。

            3、風に煽られるような、壁、フェンスはないですか?  撤去する、考える。

             

            家自体は頑張ってもらうしかないんだけど、周りからの被害って結構有りますよ。

            木とか、フェンスって、何かあると、他に被害が出てしまうパターンが多いです。

             

            特に木は、チェックです。

             

            ご相談は、保険も含めご遠慮なくお声がけを。

             

             

            2019.12.03 Tuesday

            新しい年へ想いを込める

            0

              良い年でありますように、想いを込めて供える。

              お餅つきね。

              農耕文化なんだと思う。

               

              狩猟型は本能として、獲物をゲットしたらお祭り的な感じなのか?

              狩猟型も体験してみたい。

               

              日本は、四季があって、年初めは、収穫が終わり、春を待つ間の、ほんとになんか年初めって感じがするのは自分だけかな?

              年末年始は個人的には何もいつもと変わらないし、2000年のカウントダウンの盛り上がりがあまりのウザさだったので、それ以来、0時きっかりを体感しないように避けている感がある。なんでダウンタウンの番組でごまかすのが恒例だったが、ここ近年はいつも通り寝てしまう。日々いろんなスペシャルをピックアップするようにしているので、日々勝手に盛り上がっているからイベントごとはいらない感じです。

              節目って、盛り上がりと、寂しさみたいのが混ざっていてなんか、こう、もっといい感情ないのかなーって思っていて、そのうち家事情から、生活も変わるぐらいの時代が来て、日々が新しい感情で幸せに暮らせる世の中になるように、意外と日々努力しています。(笑)  未来は楽しいはず。

               

               

              2019.11.30 Saturday

              冬支度大丈夫?

              0

                カマキリさん、だいぶ寒いですがお元気ですか。

                 

                寒いからか全く動かないです。

                寒さって、生き物からしたらさ、暑さとどっちが危険なんだろう?

                個人的には暑いのは嫌いだし、危険。

                熱中症はニュースになるし、実際、命を落としていると思う、ニュースではみんな聞いたことあると思うけど。

                でも実際の統計では、凍死の方が多いんだって。

                結構日本基準で考えるとショック。

                年配の方が多いらしい、情報では。

                日本は、暑さに対して涼しくで作る家が基本で

                ヨーロッパなんかでは寒さ基準、寒い家作ると罰則になる場合も有るとか。

                クーラーって結構効くんだよね、暖房と比べると。

                火の元考えたりするとエアコンなんだけど、電気代結構かかるしね。

                やっぱり、広さだけじゃない、快適ストレスフリーな空間が必要だね。

                自動運転、キャンピングカー、旅する生活、旅する仕事、移動の意味の見直し、、、

                 

                自動運転って凍死とか、こういう問題も解決していくんじゃないかな。

                 

                移動と暮らし

                 

                ちょっと流行り気味な感じだけど、移動もいらないんじゃない?て生活もありだからね。

                これは絶対。

                 

                移動しなきゃいけないうちはダメか、、、?

                って自問自答を繰り返してみよう。

                 

                カマキリさん、どうですかね?

                 

                 

                 

                 

                2019.11.28 Thursday

                住まいの不自由

                0

                  こんな部屋に住んでたらどうだろう。

                   

                  どんな、プラスがあるだろう、どんなマイナスがあるだろう?

                   

                  家づくりをしている人間として、いつも、頭の中をぐるぐる駆け巡っているテーマ。

                   

                  誰も答えを持ってないし、言い切れないのが正直。

                  でも、収入だったり、家族構成だったり、趣味だったり、好きな事だったりは、ある程度、個人でわかっていると思う。

                  だからこそ、シンプルで良くて、余計なことがなくて、無理がないのがいい。

                  家って維持管理できなければ、必ずダメになる物、”物”なんです。

                   

                  その時代のミニマムで最高を提案したい。

                   

                  選択肢なんてないけど、、、

                  ホテル泊まっても、間取りに文句言わないでしょ!

                   

                  景色と、雰囲気はその土地土地にあるね、好きなところに。

                   

                   

                   

                   

                  Calendar
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << August 2020 >>
                  Selected Entries
                  Archives
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM